初代 小林菊一郎

(1896-1963)

<経歴>

明治29年 群馬県に生まれる
 明治41年  墨田区菊川の江戸切子職人の親方大橋徳松(大橋巨泉さんの祖父)に師事
昭和38年 第10回日本伝統工芸展 日本放送協会会長賞受賞
昭和38年

国立近代美術館 収蔵

 

京都国立近代美術館 収蔵



2代 小林 英夫

(1923~2011)

<経歴>

1923年 東京都墨田区に生まれる
 1946年  法政大学卒
1947年 父菊一郎に江戸切子を師事
1972年 日本工芸会正会員 日本ガラス工芸協会正会員
1976年 第5回伝統工芸武蔵野展審査員
  朝日カルチャーセンター講師
1979年 日本ガラス工芸研究所講師
1980年 第27回日本伝統工芸展 奨励賞受賞
1981年 宮内庁お買い上げ(皇太子御外遊の為)
  第28回日本伝統工芸展監査委員
1989年 日本橋三越本店に於いて第1回個展
  東京都知事より優秀技能賞授与
1991年 労働大臣より卓越技能賞授与
1992年 江東区森下文化センター講師
  新東京郵便局一日郵便局長
1995年 江東区無形文化財指定
1997年 東京都技能継承推進者認定
1998年 日本橋三越本店に於いて第2回個展
1999年 日本ガラス工藝協会'99日本のガラス展に於いて優秀賞受賞
  黄綬褒章受賞
2004年 日本橋三越本店に於いて第3回個展(傘寿記念)

3代 小林 淑郎

(1950~)

<経歴>

1950年 東京都江東区に生まれる
 1973年  明治大學卒 父英夫に江戸切子を師事
1981年 日本伝統工芸新作展初入選
1982年 日本伝統工芸展初入選
1983年 第30回日本伝統工芸展奨励賞受賞
1984年 日本伝統工芸新作展奨励賞受賞
1985年 (社)日本工芸会 正会員
1987年 日本伝統工芸第七部会展監審査委員
1988年 日本伝統工芸第七部会展監審査委員
2002年 ノーベル物理学賞受賞小柴昌俊氏 明治大学名誉博士学位授与 副賞江戸切子鉢贈呈
2003年 仏ルノー シュバイツアー会長 明治大学名誉博士学位授与 副賞江戸切子鉢贈呈
2005年 経済産業大臣指定伝統的工芸品「江戸切子 伝統工芸士」
  江東区森下文化センター「江戸切子」講座講師
2006年 第6回関東伝統工芸士会展最優秀賞「関東経済産業局長賞」受賞
  了徳寺大学短期集中講座「江戸切子」講師
  東京都優秀技能者知事賞受賞 東京マイスターに認定
  都立大江戸高校 選択科目「江戸切子」市民講師
2007年 東京カットグラス工業協同組合 理事長就任
  日本ガラス工芸協会 正会員
2009年 江東区無形文化財指定
  元ロシア大統領ゴルバショフ氏 明治大学名誉博士学位授与 副賞江戸切子鉢贈呈

4代 小林 昂平

(1987~)

<経歴>

1987年 東京都江東区に生まれる
 2010年  明治大学卒 父淑郎に江戸切子を師事
2012年 第5回KOGANEZAKI 器のかたち・現代ガラス展 入選
  第8回東京の伝統的工芸品チャレンジ大賞 優秀賞
2013年 第25回江戸切子新作展 入賞(以後入賞'15,'16)
  伊藤忠青山アートスクエアにて江戸切子若手職人展(同'14~'16)
  日本橋三越本店 美術工芸サロンにて小林昂平 ガラス特集(同'14,'15)
2014年 第54回東日本伝統工芸展 入選
  第61回日本伝統工芸展 入選
2015年 第25回伝統工芸諸工芸部会展 入選
  自社ブランド「tokoba」を設立。ジュエリー販売を開始
2016年 ギャラリー QUIET NOISEにて写真家 小山 暁 氏と湿版写真×江戸切子の
企画展「condense」
2017年 第9回雪のデザイン賞 奨励賞

<制作>

2017年 「TRAIN SUITE 四季島」車内で使用する酒器を制作
 2016年  YUIMA NAKAZATO COUTURE AUTUMN/WINTER 2016-2017 ガラス装飾品の制作
  KARAFURU 切子ジュエリーの制作
  有田焼創業400年記念事業で北野武さんデザインの作品を一部制作
 

YUIMA NAKAZATO HOLOGRAM SERIES CANDY GIRL FROM YOSHITAKA AMANO 星型ガラス装飾の制作